ドラッグレース企画・運営のJD-STER

JD-Ster

〈当ホームページはGoogle Chrome、Microsoft Edgeに対応します。
以外のブラウザでは正しく表示できない場合がありますので、ご注意ください〉

HARADA製茶

トピックス

富士スペシャルラウンドのオープンクラス上限タイムについて

JDXSAF


SPLラウンドのオープントーナメントの上限タイムは9.00secとなります。
もしオープントーナメントにエントリーして9.00secを切った場合は失格となりますので、ご注意ください。
また各ブロック分けは上位8台づつブロック分けをおこない、各ブロックの上位3名が入賞となります。

参考までに200mから400mのタイム差は平均約3秒されています。それに基づき今回のタイム設定は9.00secというタイム設定を設けました。

すでにお申し込みがお済みの方でクラス変更をご希望される場合は大変お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。

・apply@jd-ster.com
・件名:クラス変更依頼
・本文:お名前、変更クラス名

uketukebtn
スクリーンショット 2017-08-20 15.08.11

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【キルスイッチに関するレギュレーション追加について(2018 年から実施)】

安全確保の為フューエルポンプ+キャブレター車とウエットショット NOS 装着車にキルスイッチの義務付けをお願いします。対象車両は転倒時にフューエルポンプが自動的にストップしない車両、インジェクションバイクであってもウエットショットナイトロスを装着していてやはり転倒時にナイトロス用のフューエルポンプがストップしない車両には転倒時全てのフューエルポンプがストップするようキルスイッチを装着(通称デッドマンキルスイッチ)するか純正キルスイッチを加工してハーネスを体に取り付けて転倒時 や体がバイクと離れた時にキルスイッチによってフューエルポンプがストップするようにして下さい。車種や加工の仕方など不明な点がございましたら JD-STER 事務局にご相談下さい。
※フューエルポンプ+キャブレター車で JD-STER で良く見る代表機種 → V-max 1200、FZ 系など
※この規則は 2018 年より義務化となります。2017 年の大会においても強く推奨とさせて頂きます。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Category:SPEED NEWS, トピックス, ニュース
2022年レーススケジュール
  • Round1 5月 4日(みどりの日)
  • Round2 6月12日(日)
  • Round3 8月 7日(日)
  • Round410月 2日(日)
  • Round511月 6日(日)

※2022年はすべてJARI城里テストセンターを会場に開催します。

※各戦前日には同会場でオープントラックデイ(練習走行日)を予定します。

会場のご案内
財団法人日本自動車研究所 城里テストセンター
〒311-4316茨城県東茨城郡城里町大字小坂字高辺多1328番23
必要書類はこちら!

参加誓約書(ダウンロード) JD-STERドラッグレースおよび、OPEN TRACK DAYにご参加の皆さまには、予め誓約書をダウンロード・印刷いただき必要事項を記入の上、当日、会場の受け付けまでお持ちください。 スタッフの現地での作業負担を減らすため、準備・ご協力をお願いします。 なお、ダウンロード・印刷の環境にない方向けには当日、会場にも誓約書を用意しております。スタッフにお声がけください。

[注意事項]
誓約書をご記入いただけない方はイベント内の走行には参加できません

 

車両変更・リタイヤ届(ダウンロード) WEBエントリーした車両から、当日の参加車両が変更となる場合は本書類をダウンロードいただき、必要事項を記入の上、大会当日の受け付け時に大会本部に提出してください。予選走行開始後は参加車両の変更は認められません。リタイヤ扱いとなります。また、リタイヤ届けは同様書類を大会本部にも用意しています。トラブルなどで、やむなく走行を終える場合は本書類を記入の上、速やかに大会本部に提出してください。

 

プレス申請書(ダウンロード) 報道を目的に撮影を希望する皆さまは、以下のプレス申請用紙をダウンロード、必要事項を記入の上、レース・イベ ントの当日、大会本部に提出してください。プレス用ビブスをお渡しします。なお、取材中はビブスを着用いただき、取材終了後には速やかに大会本部に返却をお願いします。

[注意事項]
プレス申請書には会社名・媒体名を必ずご記入ください。記載がない、あるいはメディア媒体でないと事務局が判断した場合などは、プレスパスは発行いたしかねます。一般観戦エリアからの撮影をお願いします。