ドラッグレース企画・運営のJD-STER

JD-Ster

〈当ホームページはGoogle Chrome、Microsoft Edgeに対応します。
以外のブラウザでは正しく表示できない場合がありますので、ご注意ください〉

HARADA製茶
【ご案内】

城里町民の皆さまの観戦入場は無料です!

この機会にぜひ、ドラッグレースの迫力と楽しさをご体感ください。

ストリートET(インデックスレース)

■競技説明
ドラッグレースの基本となるレースで、もっとも競技人口が多くアメリカでは一番人気のあるクラスです。トーナメント方式ではなく走行前にタイムを申告してスタートラインで横に並んだ人と競争していく、勝ち抜き戦です。
 →推奨申告タイム:先ずは自分のベストタイムを基準として申告してください。

ストリートETはタイム差をなくしたハンディ戦(申告タイムが遅い方が先にスタート)なので、バイクの性能に関係なく勝ち上がっていくチャンスは平等にありますが、逆に相手へハンディ(タイム)をあげる行為なので、自分の走行をしっかりと分析してギリギリのタイムを申告していかないと相手が先にスタートしてそのまま追いつけずに自分が負ける結果となってしまいます。

■開催日時:
 ・参加資格 当日のレースにエントリーしている方に限ります。
 ・レース当日 15:00〜16:00
 ・エントリー方法:当日 14:30〜15:00
 ・エントリー費:3,000円

■ルール
 原則として先にゴールした方が勝ち
 ※申告タイム(ET)が近かった方が勝ちではありません。
 ・申告タイムはETのみ(RTは含めない)
  ※もし申告タイムとおりに走行出来てもRTが遅くて対戦相手
   より後にゴールした場合は負けです。
  ※RT(リアクションタイム):0.5秒
 ・オーバータイム:申告したタイムをオーバーした場合は負け。
  ※両者タイムーバーした場合はより申告タイムに近い方が勝ち。
 ・フライング(ファール):先に失敗した方が負け
  ※両者フライングした場合はフライングが
   遅かった方が勝ち上がります。
 ・車両:クラッチの付いている車両に限ります
     ※スクーターやカブなどクラッチのない車両では出場できません
     連続走行出来る車両に限ります

2021年レーススケジュール
  • Round15月 4日(みどりの日)
  • Round26月13日(日)
  • Round37月18日(日)
  • Round48月22日(日)
  • Round59月26日(日)
  • Round610月24日(日)

※2021年はすべてJARI城里テストセンターを会場に開催します。

※各戦前日には同会場でオープントラックデイ(練習走行日)を予定します。

会場のご案内
財団法人日本自動車研究所 城里テストセンター
〒311-4316茨城県東茨城郡城里町大字小坂字高辺多1328番23
必要書類はこちら!

参加誓約書(ダウンロード) JD-STERドラッグレースおよび、OPEN TRACK DAYにご参加の皆さまには、誓約書の記入をお願いします。2021年シーズンからは当ページにある誓約書をダウンロード・印刷、ご記入の上、会場にお持ちいただけるようにしました。 スタッフの現地での作業負担を減らすため予めの準備・ご協力をお願いします。 なお、ダウンロード・印刷の環境にない方向けには当日、会場にも誓約書を用意いたしております。スタッフにお声がけくだい。

[注意事項]
1.誓約書をご記入いただけない方はイベント内の走行には参加できません
※OPEN TRACK DAYとJD-STERドラッグレースの両日に参加する場合は、それぞれに1枚ずつ、日付を変えた計2枚の誓約書が必要となります。よろしくご協力をお願いします。

 

車両変更・リタイヤ届(ダウンロード) WEBエントリーした車両から、当日の参加車両が変更となる場合は本書類をダウンロードいただき、必要事項を記入の上、大会当日の受け付け時に大会本部に提出してください。予選走行開始後は参加車両の変更は認められません。リタイヤ扱いとなります。また、リタイヤ届けは同様書類を大会本部にも用意しています。トラブルなどで、やむなく走行を終える場合は本書類を記入の上、速やかに大会本部に提出してください。

 

プレス申請書(ダウンロード) 報道を目的に撮影を希望する皆さまは、以下のプレス申請用紙をダウンロード、必要事項を記入の上、レース・イベ ントの当日、大会本部に提出してください。プレス用ビブスをお渡しします。なお、取材中はビブスを着用いただき、取材終了後には速やかに大会本部に返却をお願いします。

[注意事項]
プレス申請書には会社名・媒体名を必ずご記入ください。記載がない、あるいはメディア媒体でないと事務局が判断した場合などは、プレスパスは発行いたしかねます。一般観戦エリアからの撮影をお願いします。