ドラッグレース企画・運営のJD-STER

JD-Ster
HARADA製茶

ストリートET(インデックスレース)

■競技説明
ドラッグレースの基本となるレースで、もっとも競技人口が多くアメリカでは一番人気のあるクラスです。トーナメント方式ではなく走行前にタイムを申告してスタートラインで横に並んだ人と競争していく、勝ち抜き戦です。
 →推奨申告タイム:先ずは自分のベストタイムを基準として申告してください。

ストリートETはタイム差をなくしたハンディ戦(申告タイムが遅い方が先にスタート)なので、バイクの性能に関係なく勝ち上がっていくチャンスは平等にありますが、逆に相手へハンディ(タイム)をあげる行為なので、自分の走行をしっかりと分析してギリギリのタイムを申告していかないと相手が先にスタートしてそのまま追いつけずに自分が負ける結果となってしまいます。

■開催日時:
 ・参加資格 当日のレースにエントリーしている方に限ります。
 ・レース当日 15:00〜16:00
 ・エントリー方法:当日 14:30〜15:00
 ・エントリー費:3,000円

■ルール
 原則として先にゴールした方が勝ち
 ※申告タイム(ET)が近かった方が勝ちではありません。
 ・申告タイムはETのみ(RTは含めない)
  ※もし申告タイムとおりに走行出来てもRTが遅くて対戦相手
   より後にゴールした場合は負けです。
  ※RT(リアクションタイム):0.5秒
 ・オーバータイム:申告したタイムをオーバーした場合は負け。
  ※両者タイムーバーした場合はより申告タイムに近い方が勝ち。
 ・フライング(ファール):先に失敗した方が負け
  ※両者フライングした場合はフライングが
   遅かった方が勝ち上がります。
 ・車両:クラッチの付いている車両に限ります
     ※スクーターやカブなどクラッチのない車両では出場できません
     連続走行出来る車両に限ります